« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

お蕎麦から泥鰌へ~日本万歳!~

日本人に生まれてよかったと思うときはどんなときですか?Y子です。GWも半分終了・・・皆様いかがお過ごしでしょうか?相も変わらずY子は飲みっぱなし食べっぱなし・・・この日も昼から夜遅くまで食べっぱなしの一日でした(ちょっと反省 ウソ)お昼は大好きなお蕎麦屋しながわ翁でちょいと1杯(オオウソ)引っ掛けながら終わりに近づいている空豆といまが一番美味しいであろうわさびの醤油漬け、奴を頂く。夜も予定があるのに調子にのって待ち合わせ前にビール1杯、蕎麦やで燗酒3合・・・飲みすぎたです、ハイ。でもさ~いいお天気だったしこんなきれいな青空みたら飲みたくなっちゃうじゃないですか。しかしながら日に当たるのが苦手なY子。見てるのは好きなんですけど、太陽とY子・・全く結びつかない、っと自分でも思うわけですよ。すぐに脱水症状になってしまうのです。Y子を昔から知ってる方なら、誰でも納得だと思いますが、夏が一番似合わない女・・・な訳です。Photo_152 Photo_153 Photo_154

まあまあ、ここではまた~りとしながら、つまんで飲んでそして絶品のお蕎麦で〆。ここしながわ翁は山梨は長坂超有名店翁の暖簾わけしたお店です(現在は創業者の高橋さん→とっても有名な方ですは山梨の翁にはいらっしゃらなくて広島にいるのでしょうか?)実は本家の高橋さんのお蕎麦は一度も食べたことがなく、ここしながわ翁、あと箱根暁庵でしか食べたことがないY子でありますが、いつかは高橋さんの打ったお蕎麦が食べてみたいもんです!でもでもここも本当にいいお蕎麦が食べることができます。残念な事に6月からは営業時間帯が変わってしまって(人手不足により)平日の9時から3時までという驚異的な時間帯での営業・・・無理ですがな・・そんな時間にいくの。絶品だった卵焼きもやはり今は人手不足によりやっていないとのこと。残念です・・・ほんと美味しかったんですよ~。そんな状況でも店じまいせずに頑張って続けてくれるとのことなので応援してきたいと思っております。いつかまた夜の営業も再開して美味しい卵焼きの復活も期待したいですね~。頑張れ~しながわ翁!!!

ささ、夜のお食事に向けてウォーミングアップ!ゆたゆたしながら缶ビールを2本ほどぐびり(爆)そしてお夕食の時間~♪泥鰌を食べることになっていたのです~!

Y子今昔物語・・・昔昔、神奈川の奥地にY子という大食漢な子供とその弟チビスケが住んでました。ある日の夕方、ママがどこからか泥鰌を仕入れてきて洗面器に放ちました。二人の純粋なお子供はそのかわいらしい泥鰌を見て大感激し『泥鰌かわいいね~』『名前なににする~?』っと相談しておりました。そして夕食・・・な、なんと!!!さっきまで二人がず~っと眺めていた泥鰌が味噌汁になって出てきたではありませんか!!!二人は大泣きし、その日のお夕食は当然ストライキ、ボイコットしたのでした。おしまい・・・

こんな悲劇を味わって以来泥鰌はなんとなく敬遠していたY子。でも大人になるにつれそんな純な思いも薄れ、まさかまさかの大酒飲み・・・。池波先生の影響もありきっとこれでお酒やっつけたら幸せだろうな~って思うようになりました。あ~可愛くない・・・

そして念願の泥鰌さんとのご対面!場所は浅草の飯田屋さんです。しかし混んでいること混んでいること・・・ほどなくしてお席に通され、まずはビールで乾杯。マグロのぬた、おしんこ(ここのは美味しいと評判だったので)泥鰌のから揚げ、そして泥鰌の丸なべ(開いてないやつ)にごぼうも追加で頼んで~。店に入ったときからと~ってもいい匂い~☆食欲が湧きます。から揚げなんかをビールでつまんでいると早速丸なべがやってきます。おばちゃんがセットしてくれて簡単に食べ方を指南。ごぼうを上にのせさらにその上にたっぷりのお葱。煮立ったらすぐに食べていいとのこと。どれどれ山椒を一振りして一口・・・。うま~~~~~!!!!!こりゃ~お酒でしょ~!!!すかさず燗酒を注文。泥鰌一口、お酒一口・・・止まらない止まらない!また味のしみたごぼうと葱が美味しいこと美味しいこと~!これだけでお酒飲めちゃいます。この時期の泥鰌は子を持ち始めて大変に栄養があり美味しいとのこと。やはり泥鰌はこれからの時期ですな~(本格的に食べたのは初めてだっていうのに・・・)

す~っかり気に入ってしまい、ごぼうやら泥鰌をさらに追加してお酒もどんどん追加して(殴)いい気分~。ご馳走様でした。いや~いいね~泥鰌!!!子供の頃のあの忌々しい思い出さえなかったらもっと早くに出会えたのに・・・ママよ・・・子供は純粋なんですよ・・・こんな大人になってしまいましたけどね・・・1_12 2_5 Photo_155

| | コメント (7) | トラックバック (0)

大好き、スペインワイン♪

いったいどれくらい飲むの・・・そこにお酒がある限り!Y子です。GW突入の前日、きっとこの日は皆さん明日からの休みに備えて早く家に帰るだろうと踏んで、Y子の縄張り神楽坂で飲むことにしました。結果・・・甘かった・・・いや~人が多いこと多いこと・・・。くそ~まだ神楽坂ブームは去ってないのか。早く落ち着きを取り戻してもらいたいもんです。(勝手な言い草ですがね)仕事終わり、いつものスタンディングバーでフィズを飲みながら同行者とどこに行くか相談。最近振られっぱなしのエルカミーノさんにいってみますか~。TELしたら8時に次のお客様が来るから、それまでだったらOKとのこと。今は6時半か・・・まっ、大丈夫でしょう。ではお邪魔することにしましょう。

神楽坂の一本お隣の軽子坂にあるこのお店。Y子は数年前からたまにお邪魔させていただいている素敵なスペインバルです。丁寧に作られたタパスと素晴らしいワインの数々!いつきても『しまった~・・』っと思うことがありません。食前酒はいつもながらバーにて済ませてきているので、早くも赤ワインからです。大体サービスの方にお任せしてしまっているので、今日もお任せ。時間の縛りがあるので、あまりゆっくり飲むワインではなく若飲み、しかし味わいのあるものを。1_11 Img_1072

そこで出してくれたのが、リオハの2001年(スーパーヴィンテージ!!!)のクリアンサです。(すみません・・・作り手忘れました)お店の方を根本的に信頼しているので、テイスティングはパス。早速いただきます。どれどれ・・・いい!!!すごくいい!!!お花のような可憐な香り。一口くちに含むと、す~~~~っとなんの雑味もなく喉を通っていきます。あ~~~~本当に幸せ。自分の好みに合ったワインに出会うとほんと嬉しいですよね。時間もないことなので、お料理もお願いしましょう。バルなのでタパス中心のこのお店。(パエジャもありますが、あまりY子はいただきません。本日もカット 時間もかかるしね~)どれ食べても美味しいから迷っちゃいますが、今日頂いたのはこんなものです。Photo_148

『マオンチーズとルッコラのサラダ』Y子一口メモ:マオンチーズとは地中海に浮かぶスペインのメノルカ島で作られる牛のハードチーズです。表面をオリーブオイルとパプリカで擦りながら熟成させていくみたいです。ルッコラの力強い味とワインビネガーの酸味、マオンの旨味。美味しいな~♪たぶん白に合わせたほうがいいと思われますが、今日のワインだったら大丈夫でしょう!

『芝えびのプロチェッタ』これはすみません、画像がありません。(失敗しました)芝えびを串刺しにしてバケットの上にのっけ、パプリカやトマトの酸味のあるおソースをかけたもの。これまたうま~~~~~!!!!小ぶりでちょっとしたものなんだけど、物凄く丁寧に作ってある。嬉しくなっちゃうな~こういう丁寧で優しいお料理。絶対タパスって日本人の舌にあうと思います。フレンチやイタリアン、そして中華なんかは食べたくないな~って日Y子はあるんですよ。特に肉料理や、きつい油物なんかに辟易するときが。でもタパスって『あ~今日はだめだな~』って日がない(笑)ワインとちょとしたタパスがあれば幸せ街道まっしぐらですよ。Photo_149

さてさて次のお料理~『鶏もも肉のチリンドロン』これがまた絶品中の絶品!やわらかーく煮込まれた鶏ももとチリンドロンソースがワインを助長することすること!!バケットももらっておソースもきれーに、きれーに頂きました。あ~あ・・・ワインあっという間に空いちゃった・・・。ってことでY子、グラスでもう一杯~♪大満足の1時間15分!!やっぱりこのお店はいい店だ!!っと再認識。

次はY子の飯どころ(爆)、神楽坂芸者新道にあるノーマルさん。ここは週に必ず何度かお邪魔するレストランバーです。炭水化物食べてないから(!)パスタでも頂きましょう~。でもなんだかワイン魂に火が点いたようです。それもスペインワインが飲みたい!そして頂いたのが『ルスコ』リアスバイシャスのワインでセパージュはアルバリーニョ100%のものです。このワイン大好きなんですよ~。青りんごみたいな味わいのする爽やかなワインです。Photo_150Photo_151

パスタの前に少しお料理も・・・えへへ・・まだまだ食べれるの、あたくし・・・。竹の子とアスパラの山椒バターソテー、それからウニとかにのファルシ。相変わらず、美味しいざんす!この辺りでちょっと酔いも回ってくる。段差で躓いて大騒ぎしたり(ごめんなさい でもまだ痛い・・・)でも炭水化物は食べたい!!!シェフお任せで(ペンネを指定して)パスタ~♪今日はいろいろきのこのペペロンチーノ(ペンネバージョン)よっぱだから当然写真ありません。ペンネをつまみつつワイン加速。しかし同行者が限界。くそ~1本のワインすら飲み切れないなんて・・・。同じカウンターに座っていた知り合いにチョビットおすそ分けしてご馳走様です。こちらのお店の素晴らしいところは料理が全てハーフポーションで注文できるところ。そして恐ろしくお安い!一人できても何品か食べられるのは嬉しいですよね~。これで何でも美味しいと来たら・・・そりゃ~Y子の食堂になるでしょう~♪いつもお世話になってます>お店の方。

さてそろそろ・・・しかしここで告白することが・・・その後の話・・・調子にのって納豆巻き(1本じゃなくて切ったやつが沢山入っているパックのやつ)とナポリタンのチーズのせオーブン焼きを缶チュウハイ飲みながら完食してしまいました。朝起きたら当然胃もたれ状態なのは内緒の話・・・きゃっほ~い!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

絶品ピザがもたらす幸せ

  こ、こここ・・・これが『しまちょう』なのか!!!Y子です。GSのライブの翌日、お昼から目黒にお出かけ~。本日からここでカルト的人気(?)をほこる原マスミの展覧会が始まったので、早速見に行ってまいりました。まあ、感想はここで書くことではないので割愛。しかしかなりの満足度!Photo_131 Photo_132

そして、目黒川沿いを中目方面へぶらぶらお散歩です。なかなかこのあたりも面白いですね~。住所を見ると、中目黒2丁目。ぬぬ・・もしやこのあたりにY子がかねてから狙っていたピッツッェリアが!!自慢の鼻で辺りを嗅ぎ分け、ハケーーーーーーーーン!それがここ、『イル ルポーネ』です。同行者に夜ご飯はここでいいか聞いたらOKサイン!後は予約が取れるのを祈るばかり。

まだ時間もあるので、中目でお茶でもしますか?夜は(取れればの話だが)ピザに決定なのに駅前のサルバトーレのcafeで休憩。昔、密かにイタリア語を習ってたとき、その先生(もちろんイタリア人)がサルバトーレとマブ達(死語)だったのでよく食べに行きましたよ。最近はとんとご無沙汰ですがね。しかし手広くやってますな~。バルにてスプマンテとサラダを軽くお腹に入れ、同行者はカンパリを、Y子はスーズのソーダ割りでお食事前に軽く一杯。あっ、予約しなくちゃ~っとバルでほかのピツェリアに電話をする不届き者のY子・・・ごめんなさい。6時からOKか聞くと8時までならいいですよとのこと。もちろん構いません。あたしたち食べるの早いし・・・へへへPhoto_133 Photo_134

さらにまだ予約の時間まであったので、もう少しお散歩しましょうかと。すごいね~中目って。沢山お店あるんですね。すっかりおのぼりさんなY子です。意外と行動範囲狭いから・・・あたくし。お~ここに殿金が~とか、あっ前に行った焼き鳥ここだったんだ~とか。まあ、目に入るのは食べ物屋ばかりですが。そしてこの辺りで同行者と小さな諍いが・・・。雲行き怪しくなってきました。予約をやめるかまで話は行きましたが、何とかお店にたどり着く。ここからは気持ちを切り換えて(変り身が早いのであ~る)食事を楽しまなくっちゃ!!

さてさて、枕があまりにも長くなりましたがここからが本題。本日のメイン『イル ルポーネ』。中目でピザというと有名店のSヴォイがありますが(一応伏字)、結果をまずお伝えしよう!!ルポーネの勝ち!!!確かにSも美味しい。それなりにこだわってるし、ナポリピザを有名にしたのはこのお店の功績も大きいと思います。が、が、がががが(笑)トータル的に見ても、すべてが勝ってる!Y子、久々に大感動のお店に出会えました!!!では以下にY子がどんなお料理に感動したか駆け足で紹介しましょう。Photo_139 Photo_140

まず前菜から。一品目はリコッタチーズを包んだ茄子のオーブン焼き(冷製)これがワインが進むのよね~。そして二品目。真タコとセロリのサラダ。これもレモンを搾ってさっぱり~っと頂きました。もうこの前菜だけでもこの店のレベルの高さがわかる!Photo_141

そしてお待ちかね!!!ピザの登場!もちろん初めてなのでマルゲリータを頼みました。サイズはSよりも大ぶりです。どれどれ・・むっきゃ~!!!!!本当に本当に美味しい!!!猫舌なの忘れてガッツリいっちゃいました。なにが美味しいってやはり生地なんですよ!!あ~~~~~~自分の稚拙な文章じゃお伝えできないのがもどかしい・・・。あっという間にワインとともに一枚ペロッと完食。『すみません、早食いなもんで・・あまりにも美味しくて・・・』とY子。するとお店の方が『ピザは熱いうちに食べていただくのが一番ですから!小さいサイズのピザも出来ますけどもう一枚焼きますか?』とお勧めして下さる。当然もう一枚!っといきたかったが・・・同行者に止められる。畜生・・・あたしは食べれるのに・・・。Photo_142

パスタも頂いちゃいましたよ。メカジキとパプリカのリングネ。本日唯一残念だったのが、このリングイネ。お味はと~~~ってもいいのですが・・・茹で加減が・・・アルデンテすぎる・・・。なんか粉っぽさが口に残るんですよ。次回もう一度パスタを食べてみてそれでもこの茹で加減だったらお店のひとに言ってみよう。ほかのテーブルの方が食べていたラグーっぽいの、美味しそうだったな~(隣の芝は青く見える・・・)Photo_144

最後はデザートにBABA(パンにラム酒を浸してあるもの サバランみたいな感じです)と、同行者はカプチーノ、Y子は自家製のリモンチェッロ(今まで飲んだ中で一番美味しい!)でフィニッシュ!ご馳走様です。
お店の方に『今度はゆっくり来て下さいね』っと優しい言葉に見送られ、お店を後にしました。

あ~こんなに美味しいピザは本当になかなかないと思います。さらに、お店の方のサービスの良さ、ピザ以外のお料理のレベルの高さがSとの差をぐ~んっと伸ばすのかな~って偉そうなこと思っちゃいました。ふふふ・・・この店はきっとY子と相性がいいに違いない(勝手な妄想)

帰り道・・・同行者に『お前って食べ物の事になると見境なく本気で怒るんだもん・・・』って言われましたが、今となっては何に怒っていたのかさっぱり思い出せません。食べ物って恐ろしい・・・(爆)Photo_145Photo_146 Photo_147 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

藪御三家を食す~神田藪蕎麦~

江川卓は納豆に砂糖を入れるらしい・・・ぐへ~~Y子です。ある日曜のお昼、所用で神田須田町近辺へ。さてそろそろお昼にしましょうかと。普段であれば迷わず『まつや』に直行なんですが、なにしろ日曜日・・・お休みですがな。では程近くにある『神田 藪蕎麦』へ。実はY子、この有名店初訪問なんですよ。いつも混んでるってこともあるし、なんとなく『まつや』へ流れてしまうんですよね~(池波ファンはみなそうか?)Photo_126

さて今日はどうかしら?やややや・・・やっぱり並んでる。しかも何故か団体さん(外国の方含む)も多い。観光コースにでも入っているのかし・・・?

並木、池之端と並んで藪御三家といわれている神田藪。日本家屋の一軒屋。立派なお庭もあります。こんなところが万人受けして多くの観光客と思しき方々を呼び集めているのかもしれませんね。池之端なんてほんと治安の悪そうな微妙なところにありますもんね。しかもお店のつくりは至ってシンプル。っといいつつもY子は池之端によく行きますが・・・。

Y子一口メモ:御三家の本家である『神田藪』創業者堀田七兵衛氏の三男、勝三氏が暖簾分けをして『並木藪』を、そして勝三氏の三男、鶴雄氏が『池之端藪』を。創業者→その息子→その息子。こんな図が出来上がるのですな。その他の『藪蕎麦』は『藪睦会』なるものがあってそこの会員になったお蕎麦屋さんが『藪』を名乗っていいことになっているみたいです。なるほど・・・ちなみにY子は吾妻橋藪も好きです。

さてさてさてさて、程なくして(結構待ったかな・・?)お店の方のご案内で店内へ。

『いらっしゃい~~~~~~~~~~~~』

藪独特の口上でお出迎えです。お庭の見える広めのお席に相席させて頂き、まずはビール。池之端と同様、こちらもエビスです。同行者は前日のお酒が抜けきれていないようで(泡まみれナイトの翌日。Y子はスッキリ!ふふん、格が違うぜ!)口をつける程度でいいという。あっそ・・・。ビールと一緒に大好きな蕎麦味噌も出てきます。うくく・・これは後のお酒にとっておくことにして(セコッ)、つまみは天抜きと五菜盛合わせ。五菜の内容は、山菜天ぷら、筍の煮浸し(ゆず風味)、蕎麦寿司、ホタテ西京焼き、もろキュウ。いいでしょ~!!かなりな酒のつまみですよ!!ビールにとっとと見切りをつけてY子は燗酒に移行。

『○番さ~~~~~~~ん。お銚子ヌル燗ひとつ~~、杯ふたつ~~~』

お帳場の女将さんがこれまた独特の口上で注文を通して下さいます。お酒はご存知菊正宗の樽酒。あ~~~~~~幸せ。つまみながら飲んでたら・・・あっという間に3合!!(同行者は本当にくちをつけただけ)うけけ!!昼酒最高!ではそろそろお蕎麦を頂きましょうか。Y子はもりそば2枚。同行者は1枚。計3枚。江戸蕎麦は本当に量が少ないのですよ。特に藪系列は・・・。お店の方、Y子の方に1枚、同行者に2枚のお蕎麦を置いていく・・・逆ですから・・・。まま、そんな細かいことは抜きにして、ここ神田のお蕎麦は何故か緑がかっている。何でだろう。池之端との違いは明らかにこの色。そしてつゆのかえしも気持ち強い気がするな~。そんなことを考えながら、一気に2枚完食。時間にして約2分(爆)蕎麦はだらだら食べてはいけません!一気にね、一気に。ご馳走様です。

『ありがとう存じます』

また独特の口上で見送られて、お店を後にしました。Photo_127 Photo_128 Photo_130

総評・・・たまに来るならこんな店・・・って感じでしょうか?江戸蕎麦気分は存分に味わえますがね、やっぱり須田町に来たら『まつや』いってしまうな~・・・

※すみません・・・今回携帯で写真を撮ったのですがほんと、汚いですね・・・しかもお蕎麦の写真無いし・・・へたくそ・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

野毛出陣!

師匠、大阪食い倒れツアーの為に頑張ります!忘れたとは言わせない(笑)・・Y子です。16日KSBの1stステージにY氏、そしてO氏と参戦。ステージの前に3人でビールで景気づけ。そして素晴らしいステージを堪能して(B氏!素晴らしかったですぜ!!)我々一向はグルメツアーに!(B氏すみません・・・2ndステージも頑張ってください・・・)師匠先導のもと、神奈川の聖地、野毛へ出陣です。

Photo_118 まずはここ『末広』 後で調べてみたのですが、ここはかなり野毛のなかでも有名店、『やる店』らしい。さすが、こういう店を自慢の嗅覚で嗅ぎ取ってしまう師匠に乾杯!(爆)ビールで乾杯して注文はお二方にお任せです。モツ、はつ、銀杏、葱肉などなどわしわしと食べ進めていく。 ビールもなくなり、何飲みますかと。『このたぬきって・・・』メニューにある『たぬき』が気になるY子。写真のようにたぬきのお銚子のことだったのですね。可愛い~☆では大たぬき(お銚子の大)を頂きましょう。網の上でゆっくりと燗をつけて下さいます。Y子は猫舌ってこともあるんですが、お酒はぬる燗が好き。丁度いい温度の燗酒でうれしいな~。さらにトマトや追加の串(皮、しいたけ肉、軟骨など)も頂き、大たぬきのお代わりも頂戴して至福の時。Photo_119 1_10 Photo_120

当然我々一向はこれで解散になるはずがなく、そろそろ河岸を替えましょうか~と移動。師匠の案により中華かイタリアン(?)結構雨が降っていたこともあり、末広から程近くにある中華に決定!壷に入った紹興酒を頼み、それぞれ好きなものをどんどんわしわし頼んでいく。じゃがいもとセロリの炒め、揚げワンタン、家常豆腐(これはY子がいつも食べてるものとちょっと違ってう~む・・・な感じ)水餃子、もやしと木耳の炒め物。どれもこれもすごく美味しかったんだけど、Y子のお勧めは水餃子!!生姜たっぷり入っていてあっさり。大好きなお酢&ラー油でペロッと食べちゃいました。紹興酒もどんどん進みますね(笑)Photo_121 Photo_122

あっという間に壷に入った紹興酒も空いてしまい・・・・紹興酒もう一本!!!!(爆)こんどは瓶に入った10年ものを頂きます。そこで、お店の方(中国の方です)が『どっちの紹興酒が好き?(壷と10年瓶)』っと聞いて来る。若干値段的にも壷のほうがお高い。ですが、Y子の好みは10年瓶もの!壷は全員の意見で一致したことですが、よく言えばかなり上品。う~ん・・・悪く言えばちょっと物足りないかな?お店の方ともY子は意見が合い、ガッチリ握手!Photo_124 2_4

2本目も調子よく飲んでるところで、酔いも回ってきてだんだんディープな話の展開に・・。ぐふ~・・・・・普段口ではあまり負けないY子ですが・・・二人に押され気味・・・悔しくて『ぐ~~~・・・』としか言えなくなってくる(笑)〆の炭水化物で自棄食いといきたい所だが、お腹がはちきれんばかりでそれも出来ずにさらに・・・・・うぐぐぐ・・・状態。悔しい心と、重たいお腹を抱えて帰路に着いたのでした・・・。ブログ頑張ろっと!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カプサイシンどころじゃ・・・

昨日髪の毛切りました・・・カリメロだ、これ・・・Y子です。自称辛いもの好き、特に赤系(唐辛子系)大好きなY子であります。昨日、仕事仲間から聞いてたお店でちょっと気になるところがあったので行ってみたんですよ。

『ブルダック』

本場韓国では100店舗以上あるらしいのですが、日本では東京に3店舗、大阪に1店舗あるみたいですね。

まずブルダックとは何ぞやってことですが、ブル=火 ダック=鶏肉。要するに鶏肉を火のように辛いソースで絡めて、炭火焼にした料理のこと。韓国では若者に人気らしいですよ~。はやり物と聴いちゃ~Y子も黙っちゃいられない。まっ、辛いったってあたしゃ~得意だから美味しくビールのお供で食べられるんだろうね。カプサイシン効果でお肌もつるつるだわ~♪

そんな軽い気持ちでお店を訪問。内装は小奇麗なCafe風。客層も若者が多いわ。

まず、ビールとサワーで前菜をつまみつつお目当てのブルダックを待つ。お~!!!ガラス張りになっている厨房ではファイヤーしてますよ、お肉チャンたちが。期待が高まります。そしていよいよお待ちかねのブルダック登場!!鉄板の上に赤々とした鶏達が。では頂きます!!Photo_116 Photo_117

どれどれ・・・一口・・・
あれ、甘辛で美味しいじゃん~。サワーをグビリ・・・

『ぐへ~~~~~~~~~~!!!!!!!!!キタ~~~~~~~』

始めはなんとも無かったんだけどじわじわと辛味が襲ってくる。飲み物飲んだらこれがお終い!もう、身悶えするほど辛い。同行者は粘膜がおかしくなったらしく、鼻水が止まらない・・・Y子は顔が真っ赤になってるのがわかる。そして歌舞伎顔・・・普通の顔が出来ない。もう何食べても一緒。水飲むとますますひりひりするし。

でもね・・・なんとなく後引きで身悶えしながらもなんとか完食。ひ~~~~。調子に乗った我々、さらにもう一品。トッポギを注文。もちろんビールと共に。まあ、トッポギは甘いから大丈夫でしょ。お店の方に『タレは甘口と辛口があります。』と聴かれる。もちろん辛口で~。勝負にでましたよ!!

程なくトッポギ登場。水キムチ(?)とともに頂きます。う~ん、やっぱりトッポギは甘くて美味しいじゃない。そしてビールをグビリ・・・キタ~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!こ、これはブルダックより辛い。もうじっとしてられない状態。頭のてっ辺から火吹きそうなの!!!駄目!これは本当に駄目!!!!降参!思い出しただけでも胃が焼けそう。そのあと、甘い飴舐めたりしたけど・・・復活ならず。実は本日もなんとなく調子が下降気味・・・

我こそはという、チャレンジャー。是非お試しあれ。韓国の人ってみんなこんなの食べてるのかしら・・・・師匠、間違っても食べないで下さい。再起不能になると思います(爆)1_8
1_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泡まみれナイト~ダイジェスト版~

師匠・・・私たちの壷だけ串の数が異常です・・・Y子です。さて前回不思議なカレーを頂いた(飲んだ?)我々一向はパーティー会場となる飯田橋までタクシーで向かいました。しかしまだ始まるまで時間がある・・・まあ、一杯飲んで時間潰しでもしましょうかね。そして景気づけにシャンパンを。さ~始まりましたよ~Y子の怒涛の泡祭りが。ではここからはお聞き苦しいかも知れませんが、ダイジェスト版にてその日の様子をお伝えしよう(笑)

まずパーティー前にシャンパン!そして・・・会場に移動。これがまた料理が素晴らしい!!!京風フレンチのケータリング。あたしはこんなに美味しいケータリングのお食事初めて食べましたよ!なんせ酒飲み心をくすぐる代物ばかり。目をひくのはピンチョス!フォアグラいちじく、ウニのコンソメジュレにんじんムース(Y子の大大大好物!)、生ハム等々・・・。乾杯はもちろんシャンパン。その後もビールには目もくれず、ひたすらシャンパン、シャンパン、シャンパン!!我々の目の前にはウニが入っていたミニココットが積み重なっていく・・さてそろそろ白ワインにでも。サービスの方がついで下さるのだが、すぐに空いてしまう。もう面倒臭い。

「すみません白ワイン瓶ごと置いていって下さい。」

暴挙にでる。その後もひたすらワインを飲みながら温かいお食事には全く手をつけず、ピンチョスを頬張るY子。うま~~~~(笑)そして新郎新婦がシャンパン(マグナム)を持ってご挨拶。もちろんここでもおめでたいシャンパンを頂く。

宴もたけなわ、デザートタイム!!ここがこのパーティーの素晴らしいところ!!なんとデザートビュッフェの他に、チーズのワゴン、そして食後酒にカルバドスとタリスカ(シングルモルト)まで準備してある。むっきゃ~~~~!!!!!!!!我々チーム呑み助はチーズワゴンと食後酒に夢中♪げへへ、ストレートでタリスカ2杯、カルバドス1杯をきゅ~~~~~~~~っと頂く。この頃からおつむも夢見がち・・・。無事パーティーもお開きになり・・・じゃあ、また飲みに参りましょう。

その後・・・・
神楽坂のバーにて・・・フルーツカクテル(甘夏、いよかん)を飲み~
神楽坂のダイニングバーで・・ヒューガルデン(白ビール)とハマグリのパスタ~
神楽坂のスタンディングバーで・・・ブラッディーシーザーを飲んでいるところに・・・

新郎新婦登場!!!!!

早速お店の方にシャンパン(1本ご馳走になりました。ありがとうです!)を出して頂き、4人で乾杯!!!あっという間にそのシャンパンも空いてしまい・・・

おかわり・・・・

まっ、今度はハーフですけどね。そこで、新婦お疲れのせいか、おねむのよう。お二人をタクシーまで送りだし・・・さてもう一杯・・・

ところが、とたんにY子もお休みタイム・・・スタンディングバーにて立ち寝・・・後の記憶は・・・夢の彼方・・・

12時間耐久泡まみれ大会、これにてお開き!!!

Y子、3○才・・・いいのかこれで・・・いいんだろうな、多分・・・シャンパンの銘柄を何一つ覚えていないのが憎い・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ノスタルジーに浸る

たまには・・・忙しいときもある、Y子です。どもども、ご無沙汰しちゃってます。先日、友人の結婚式がありまして、お式から参加させていただきました。本郷の求道会館(日本で始めてのアールデコ様式の仏教会館)。初めて伺わせていただいたのですが、本当に素敵なところでしたよ。さすが!!建築家(?)と結婚情報誌ゼ○○ーのデザイナ~!!選ぶところが違いますな~。さて、挙式が滞りなくお開きなりパーティーまで時間がある。では会場になる飯田橋に移って一杯飲んでましょうか~っという事に。タクシーを捕まえようと東大赤門の方へ流れていくと・・・なんだか気になる看板が!!

『カレーライス』

しかもレトロな木の看板!!私たち食いしん坊一向はすぐに食らいつく!!匂いますぞ!!これは。じゃあ、ちょっと入って見ますか。っと入っていったここ万定フルーツパーラー。大正三年創業。ここいらじゃ有名なお店だったみたいね。壁には手書きのメニュー、竹久夢二のエッジングがさりげなく掛けてあったり、これは使えるんだろうか・・?っていうレトロなレジスター。とても落着くかっこいい空間でした。いわゆる文豪とか言われていた方々、きっとここでお茶をしながら文学の話なんかしてたんじゃないでしょうかね~。

さてメニューですが、表看板にあるようにカレーライスが売りのよう。あとはハヤシ(それぞれスパゲッティーにも出来るみたいですね)、そしてもちろんコーヒー紅茶、季節のフルーツジュース。Y子はカレーとイチゴちゃんのジュースです。ほかの人は次にパーティーを控えているのでジュースだけでいいという・・・あたしにとっちゃ~カレーは飲み物ですから!!!まったくモーマンタイで遠慮なくいただきますよ。Photo_113 Photo_114

そして出てきたカレー。ちょっと色黒の一見『こげてるのん?これ~・・・』って感じ。水分たっぷりのシャバシャバなカレーなんだけど、なんか懐かしいような独特なお味。58の絶品カレーとは180度方向性が違うカレーだけど、これはこれでありかな~っと。ノスタルジーに浸りながら一気に完食(完飲?)。途中、横から手を出してきたやつらを威嚇しつつご馳走様です。イチゴジュースは甘さ控えめ。きちんとミキサーで作ってくださっている。牛乳は全く入れずにイチゴだけの味を堪能できるとってもさわやかなジュースでした!!!

お会計をあのアンティークなレジスターで打って貰ってどうもお邪魔しました!!この本郷のあたりもこんな面白いお店が沢山沢山あって、なんだかまたゆっくり探検しに来なくちゃだわ~と思いましたとさ。そして我々一行はパーティー会場の飯田橋に向うのでした・・・その暴飲暴食ぶりのその後のお話は・・・それはまた別のお話(笑)2_3 Photo_115

※前回の写真修正いたしました。ヘンテコな写真載せちゃって申し訳ありませんでした。(なんであんなにでかかったんだろう・・おかしい・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

情報!

久々に縄に行ったらシマチョウという新メニューが掲示されていました。あぶらがあってうまかったです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

だって涙が出ちゃうのよ~

寝ても寝ても寝たりません。春眠暁をおぼえず・・Y子です。お昼に居酒屋ランチでしこたま石焼うどんを食べてしまったその日(自分の分の他に♂が残した分まで横取りするY子)、さて今日はどうしましょうかと・・・。駄目もとでTELしたら取れてしまったので久々にこちらに訪問!新宿の牛込柳町にあるこのお店つず久、見た目は小汚くあれ?大丈夫って感じの雰囲気。しかしあなどることなかれ!かなりの実力店なのよ~。本日はこのお店初めての輩を引き連れて訪問!うししし・・・このお店には最強のトラップが用意されているとは知らずに・・・そのトラップとは・・こうご期待!Photo_100

←お昼の石焼うどん(なぜかY子の石釜だけ大きかった)

食前酒は神楽坂のスタンディングバーで頂いてきたので、早速ウーロンハイで乾杯~!まずは刺し盛と名物の玉子焼きを注文。刺し盛もこれで二人前なんですよ!いろいろ入っているでしょ~。これだけでもう十分なボリューム。そしてどれもこれも新鮮うま~。特筆は・・う~ん、今日はポン酢で食べる生蛸かな~

来た来た、玉子焼き~!!Y子の顔の大きさ位あるんですよ、これ。お出汁でしっかり味付けされていてイクラやお葱などいろいろな具材がたっぷり。普段は4人でこれをシェアする位で十分な大きさなんだけど本日はなななな・・・なんと二人で全部食べちゃいました。これ~食べすぎですよ。しかしまだまだこれからがこのお店の実力発揮ですよ。Photo_101Photo_102 

刺し盛や玉子焼きをつまみつつウーロンハイをがぶ飲みしていると程なく女将さん(平野レミ似)登場!!まあ、この方が本当にちゃきちゃきしていて気持ちがいいこといいこと。たまに怒られている人もいますがね。どのお客にに対しても(一見であっても常連であっても)対等に接してくれる。なんかかっこいいんだよね。ついつい女将さんに勧められたものを注文しちゃうの。またそれがなんでも美味しいってんだから言うことないでしょ。同胞が野菜不足だっていうんでお勧めのお野菜を伺う。本日勧められたのが、あさつきのホイル焼きポン酢がけとタロイモのふかしたの。じゃあ、両方いただきましょうね。しっかりとしたあさつきもいいつまみ、タロイモはふかふかと甘くこれまたウーロンを助長すわけよ!あ~なんたる幸せ♪Photo_99

同胞もいい感じになってきたところでこの店の真打にいってみましょうか!!!それがこれ、『わさび飯』!!釜でたかれたつやつやのご飯に蝦夷わさびをガバっとのせて(Y子一口メモ:蝦夷わさびとは・・・ホースラディッシュと非常に似ている。ぬぬ・・・同じものなのかな~北海道に生息している白いわさびです)お醤油を少々、そしてが~~~~~っと混ぜて刻んだお海苔をかけて食べるの。ぐふふ・・・どうかしら?美味しい??

『ぐふっ!!!』

同行者わさびの辛さに相当むせてる(爆)

『だめよ~!!!鼻から息吸っちゃ~!!』

そして女将に怒られる。Y子は慣れているからそこのところは心得ている。これは普通のわさびよりも相当に香が強くまた、鼻に貫ける辛さも相当なもの。初めての人は必ずむせるのよ(猛爆)でもこれが病みつきになってやめられないんだな~。時間がたつとあっというまに香も辛味も弱くなる。そこで女将。新たにわさびを掏って『掏りたて、試してみて!』と山盛りのすりたてわさびを提供する。同行者、またもや同じ過ち・・・『ごぼっ!!ぐふっ!』そして涙。あ~ご苦労さん・・・。でも病み付きになるんだよね~。特に大量に飲んだ後はさ~。わさび飯と一緒に海素麺の味噌汁(土鍋ででてきたよ~!!)で本日はフィニッシュ!!いや~大将も呆れるくらい本日は食べて飲みました。ご馳走様です!!!

さ~て次は誰をこのトラップに誘い込もうかと美味しい食後酒を飲みながらにやにやとほくそ笑みターゲットを探しているY子でした。うへへ・・・Photo_105Photo_106Photo_107   Photo_103    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »