« 嗚呼無情・・・GS後@鳥竹 | トップページ | コンポタ系考察(笑) »

お腹一杯っていったやん@松翁

まだ朝の9時半なのに・・ものすごい巨大な音でお腹が『GU~~~~~~~~~』あたしのお腹っていったい・・・Y子です。この日は仕事もさくっと終わったので、仕事仲間と寄り道。何食べにいきましょうか・・・。中華、エスニック、居酒屋、・・・あっ、先日同行者と行ったら貸切で入れなかった『ここ』にしましょう!

まずはエビスビールで乾杯。お通しはなんかのお魚さんの骨をぱりぱりに焼いたもの。う~ん、カルシウム(笑)そしてビールに合わせてだだ茶豆と焼きナスを頂きます。家にまだまだあるとはいえ、やっぱだだ茶は外せませんな。手が止まらない止まらない。Photo Photo_2

ビールもさくっと空いたのでお酒に移行。Y子は燗酒派だけど、本日は沢山置いてある地酒を頂きます。同行者が選んだお酒は埼玉の『神亀 純米酒』あ~・・・これは本当にいいお酒ですな。純米酒らしい、芳醇で熟成香がする飲み応え満点のお酒。ナイスチョイス!>>同行者

そしてお酒に合わせていただいたのが、鱧の煮凝り。前回Y子一人で訪れたときは鱧子も入っていましたが、今回は鱧のみの煮凝りです。これをちょいと口に入れて、お酒をつつ~っと。グレイト!!!幸せな一瞬です。Photo_3

神亀の次に頂いたのは、Y子チョイスの『四季桜 本醸造』こちらも大好きなお酒なんですが、如何せん神亀の次・・。ちょっと物足りなく感じてしまう。すっきりしていて飽きがこなく、とても美味しいのだけど本日はY子も同行者も神亀な気分。四季桜のあとまた神亀に戻します。

お蕎麦の前に少し温かいもの頂きたいですね。メニューを見るとすっかり秋の食材のお姿が。栗、松茸・・・とはいいつつも選んだものは穴子の白焼き。そして大好きな卯の花。神亀どんどんお代わり。ふわっふわの穴子は山葵とお醤油で頂きます。レモンをちょっと絞って頂くのいいですね~。頭の方の身の厚いところは山葵と醤油で、尻尾の方のちょっと香ばしいほうはレモンで頂きました。は~、美味い!!卯の花もほっこり大好きなお味(そばつゆで炊かれているからいいんだ、これが~)両方ともがっついて食べてしまったので写真撮り忘れ・・・(笑)

最後はきりっとしたもりそばで〆。いつ食べてもこちらのお蕎麦は間違いない!!量もたっぷりで満足満足。ポタージュ状の蕎麦湯でさらに夢ごごちに。お腹一杯!ご馳走様です。(これも写真撮り忘れ・・・orz)

二軒目は中華で軽く餃子に老酒・・・っと思ってたんですが、思いのほかY子がお腹一杯になってしまいまして、じゃあお茶でもして行きましょうかっと。向ったのはY子大学時代の思い出の店『さぼうる』です(Y子はこの近くの大学に通っていたのです)

マスターに『お酒ですかお茶ですか?』っと聞かれすかさず『お酒で!』っと答えるY子。さっきお茶っていったやん。まあまあ。同行者はジントニック、Y子は角のハイボールを。お通しのナッツをつまみながら頂きます。そして頼んだおつまみ・・・分厚い4枚切りのピザトーストとおしんこ(どういう組み合わせなんだ・・・)さっきお腹一杯っていったやん。まあまあ・・・まあまあ・・・そして角ハイを飲み進めるY子でありました。あ~お腹一杯(笑)

|

« 嗚呼無情・・・GS後@鳥竹 | トップページ | コンポタ系考察(笑) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

米米横浜、遠征の航空券購入してきました!
今回は、義母・孫という足かせが無くなったので、何と!のんびり2連泊なんです^^
年一回の恒例行事になるんでしょうか?

ところで、新横浜あたりでY子さんお勧めのお店有りますか?

投稿: 母kumi | 2007年9月16日 (日) 16時35分

>>母kumi様
どもです!!
お~!!!横浜2連泊ですね。素晴らしい!!
しかしながら新横浜ってやつはな~んにもないのです・・・orz
食事をするならやっぱり桜木町近辺に出ることをお勧めしますら~
ご宿泊は新横プリですかな?
遠征旅行、是非楽しんで下さいね!!

投稿: Y子 | 2007年9月17日 (月) 09時15分

あら、じゃぁ桜木町辺りをリサーチしなくては・・・
Y子さんのグルメ日記最初から見なくっちゃ!

今回は、新横プリじゃないお安めのホテルです^^

投稿: 母kumi | 2007年9月17日 (月) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85958/7922807

この記事へのトラックバック一覧です: お腹一杯っていったやん@松翁:

« 嗚呼無情・・・GS後@鳥竹 | トップページ | コンポタ系考察(笑) »