« 全品制覇!!@大吉飯店 | トップページ | 小岩の後は立石へ »

久々の銚子屋さん お元気そうで!!

大好きな映画のひとつに

『男はつらいよ』

シリーズがある。
しかも結構行き詰った時に見るといいんだよな~。
最後のほうの寅さんはどう見ても体調が悪そうで
見ているこっちが辛くなってしまうんだけど、
それでも大好きなんだよな~。Y子です。


さてさて、久々の銚子屋さん。
ふげっ!!結構これってだいぶ前の話だわ。
急に思い立って、JR小岩からテクテクを歩いて目指す。
銚子屋さんのお父さんもお母さんも
かなりのご高齢なゆえ、若干
『お店もうやってないんじゃないかしら・・・』
っと不安がよぎる。

そんなY子の不安もかき消してくれるかのように
お店に入ると

『はい!!いらっしゃ~い!』

っと元気な声で迎えてくれるご夫婦。
よかった・・・とってもお元気そうだわ。

先客にはお三方が小上がりに。
Y子はカウンターへ腰を下ろします。
まずはビールで喉を潤し、お料理も注文。
接客はお母さん。
お料理はお父さん。
またこのお料理が何を食べても美味しいこと!!

まずはかつを003

お薬味がた~ぷっりで嬉しい。



そして絶対に忘れちゃならないのが・・・



Photo

餃子!!!!
野菜がたっぷり入っていてモロ好みな味!!
ラー油が空っぽでもじもじしていたら、お母さんが
『あら!なかったね~。新しいの空けてよ』
って出してくれた。

ビールの後は危険とわかりつつも臨界点ぎりぎりのチューハイに手を出す。
また作り方がすごいんだ~。
ナゾの焼酎を目分量でどくどく~っとジョッキに注いでその後ソーダを勢いよく注ぐ。
適当なのかと思ったらぴったりに収まるから、お母さん!!すごいね~(笑)

そして臨界点ぎりぎりチューハイのお供には

Photo_2

かれいの煮付け

うっひょ~!!!
今日も今日とてこの煮付け!!最高に美味いよ。
お父さんも
『今日のかれいは市場で買ってきたばかりだから美味しいよ』
っとご自慢のようだ。
卵もたっぷり。
甘辛く煮付けられたそれはチューハイをどんどんすすめてしまう悪魔的(笑)代物。
ここではこの煮つけが餃子と並びマスト!な品。


チューハイも2杯ほど飲んだところで、
お父さんとお母さんのお孫さんらしきおチビちゃん達が
お勝手口から入ってきたので、今日はこれでお暇。
『あれ?もう帰っちゃうの??』
なんて嬉しい一言を頂いた。
しかも以前に来た事を覚えていてくれた!


お二人ともご高齢。どうぞ、無理せずゆるりとお店を続けて下さい。


さあて、小岩まできたからお次は立石にでも向かいますかな・・・


※こちらのお店は朝7時から、年中無休でやってます。
 ただ、お買い物に行っていたりして誰もいないことがあります。
 そしてお父さんもお母さんもご高齢の為、ちょっと耳が遠いので
 注文をするときには大きな声ではっきりと!(笑)
 お二人でのんびりをやっているお店なので、その辺りをご理解していただける方だけが行ってくれると嬉しいです。

|

« 全品制覇!!@大吉飯店 | トップページ | 小岩の後は立石へ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

飲み」カテゴリの記事

コメント

そーですか!男はつらいよお好きですか(^o^)僕も大好きです!うれしー!なんかうれしー!ちなみに私たち丑年の『生まれ寅(生まれた年の男はつらいよ)』は、第11作寅次郎忘れな草と第12作私の寅さんですね(^^)d『忘れな草』なんてリリー初登場の歴史的傑作ですが『私の寅さん』もかなりいいですよね!岸恵子!柱の傷は〜キリギリス〜♪あっ!スミマセン、興奮して話が逸れてしまいました・・・。銚子屋さんは行ったことないです!かなり良さそうなお店ですね!今度行ってみます!しかし凄いですねー、何故小岩のお店までご存知なのでしょう(^_^;)Y子さん、恐るべしですね!

投稿: ジプキン | 2009年3月23日 (月) 03時24分

>>ジプキン様
どもです!!
『生まれ寅』!!名言です。
しかも大好きな『忘れな草』か~ 嬉しい♪
ジプキンさん、かなりお好きと見た(笑)
銚子屋さん、お父さんとお母さんがお元気なうちに
是非行ってみて下さい。
なんか、ここはほんと、小岩では絶対にはずせない
お店だと思います!!

投稿: Y子 | 2009年3月23日 (月) 12時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85958/28751055

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の銚子屋さん お元気そうで!!:

« 全品制覇!!@大吉飯店 | トップページ | 小岩の後は立石へ »