« クリスマスは中華で@こうや | トップページ | 酔うとお決まりのパターン »

意外にさっぱりと猪肉@ビストロ・ラ・シブレット

ちょっと前の話ですみません
11月の終わりの話です。


何度も書いているけど、今の職場は11月が決算月なわけだ。
みも心もずたぼろになっていたこの日。
幸運にもシブレットの予約が取れていた。
どんなことがあってもあがってやろうと
朝からふ~ふ~と鼻息荒く仕事をこなしていく。
美味しいご飯のためなら、どうしようもなくつまらない仕事も
なんてことはないのであ~る。


そして夜。
いつもの時間、いつもの席。
優しく迎えいれてくれるマダム。
料理に集中しているシェフ。
ああ、あたしはこの瞬間のために生きているんだと、
大げさに実感(笑)


Photo

グラスのスパークリングを飲みながら、
今日はどう攻めていこうか考えるこの瞬間のために。



Photo_2
ウッフブイエですっかりこの店の雰囲気に飲み込まれ



Photo_3
白海老とレンズマメのタルタルでちょっとした幻覚を憶え



Photo_4

ポルチーニのボルドレーズソース



Photo_5
赤座海老のリゾット




Photo_6

身はマリネにしてくれた

心は遠い宇宙の彼方・・・

そんな気分である



Photo_7

そんなY子の幻覚(妄想)にお付き合いしてくれたのがこのワイン

デュジャックのジュベシャン2006

若干固くなさは残るものの、力強い協力者であった。




そして本日のメイン


Photo_8
猪前足のビール煮

初めて猪のビール煮を食べた。
これはびっくり。
もっとこってりしているものとばかり思っていたのだけど、
ほろほろと柔らかく煮込まれたその肉質は本当に淡白で。
全く攻撃的な味わいではなくて、本当にほっとする味わい。
よかった、今日求めているものはこれだったんだよな。



Photo_9

夢の余韻はマールと共に



Photo_10

Photo_11

タルトタタン
洋ナシの赤ワイン煮

いやいや、まだ夢は覚めないよ



今年も沢山の夢を見せてくれるだろうな

楽しみ、楽しみ

|

« クリスマスは中華で@こうや | トップページ | 酔うとお決まりのパターン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

フレンチ」カテゴリの記事

浅草橋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85958/33019696

この記事へのトラックバック一覧です: 意外にさっぱりと猪肉@ビストロ・ラ・シブレット:

« クリスマスは中華で@こうや | トップページ | 酔うとお決まりのパターン »