« 一杯飲んでお次へ! | トップページ | 肉食だねっと言われるが@やっちゃん »

素晴しい出会い@酒徒庵

ああ・・・
やっと来ることが出来た
幾度となく店の前を通ってはいたのだけど
満席だったり、
なんとなく命一杯日本酒!の気分じゃなかったり

今日こそは!
っと勇んで伺ったのが



酒徒庵



今日はしっかり楽しませていただきますよ!!


伺ったのは水曜日。
予約もせずに飛び込みで行ってみた。
ぎりぎりかな・・?っと思ったら、
思いのほか店内はゆるいモード。
そして意外に広いことにびっくり。
奥のお席に通していただいて、
早速お酒。
そう、ビールは先ほどのメキシカンで済ませて来ましたからね。

お店のお姉さんに聞くと

『では一杯目ですので、爽やかなにごりなんていかがですか?』

っとお勧めいただく。
いいね、ではそれで。

001_2

お店オリジナルラベルのお酒
特別純米発泡性
こちらのお店は1杯90ccで出しているのだけど、
これはすいすいといただけちゃうので、
1合頂いた。
フレッシュなうちに飲んであげた方が、
お酒にもいいからね。


これを飲みながらちょいと摘むものを考察。
もちろん売りの牡蠣は外せない。
この時期なので当然岩牡蠣。
10種程ある中から、
タイプ違いで4種選ぶ。
タイプ違いっていったって、わかりゃ~しなから
産地を北から南まで全国津々浦々で。


002_2

左:山形庄内吹浦産
右:京都舞鶴産


003

左:徳島 津田沖産
右:長崎 橘湾産

牡蠣と日本酒!!
やっぱこれだろ。
お酒の旨味と牡蠣の旨味の相乗効果
これはどうにもこうにも表現し難いよ。
勢いづいてぐいぐいと


お次のお酒。
あまり詳しくないので
ここはお店の人に聞いたほうがいいだろう

『3杯飲むとして、お任せでコースを作って下さい!』

っと。
お任せコースっていったて、
料理のことではない。
酒のコースね。
好みを聞かれそれに答えると、
『解りました!少々お待ちください!』
っとお姉さん。

あづまみねの純米吟醸『こうのとり』
旭菊の特別純米『綾香』

どちらも1杯目(正確には2杯目)はふさわしい
斬れるとコク。
でもすっしりと重いわけではなく、
すすすす・・・っと口の中になじんでしまう。

Photo 

今が旬の大好きな水ナスやら

005

ホヤの塩辛(これ美味しい!!)やら

006

お姉さんのお勧めの牡蠣入り出汁巻き玉子をつまむ。

あれあれ、つまみもどれもこれも本当に美味いわ。
Y子好みのものばっかり!!

さて二杯目

愛知の米宗の山廃純米と
中島屋酒造場生もと純米『カネナカ』

両方とも常温で頂く。
ああ、どちらも甲乙付けがたく美味しい。
旨味のパンチが凄い。

お姉さんが
『こちらのお酒どうですか?』
っと感想を聞いてくる。
思った通りのことをお話させていただくと、
『実はお客様の後ろに座っている方、カネナカの社長さんなんですよ』
っと。
うへ~~~~~~!!
びっくり。ご紹介頂き、蔵元さんの
お酒への熱い思いやら、
楽しみ方を聞かせて頂く。
『常温で飲んでるの?是非これは燗で飲んでみてください』
っとお店の方に燗を持ってくるように頼んでくれた。
温度もばっちりわかるようにして持ってきてくれて、
『温度の違いでいろいろ楽しんでみて!』っと。
どれどれ・・・
おお!温度を上げることで一気に旨味の華が咲いたよう。
蔵元さんも
『日本酒は是非、この旨味を感じてほしい!』っと。
旨味は日本酒にしかないですからね!!
日本酒の一番素晴しいところ。
燗ざましで飲んでも、力負けしてないところも素晴しい。

『ちょっとこれも飲んでみてよ』
っとおもむろに鞄の中から瓶を取り出し、
Y子に少し飲ませてくれたお酒も
これまた新しくチャレンジしているお酒のようで、
常温、燗、燗冷ましっといろいろ楽しんで飲んだ。

ああ・・・楽しい、ほんと幸せな時間・・・

最後にはお名刺を頂戴してお菓子も頂き(笑)
『絶対二日酔いにならないのはどんどんお水を飲みながらお酒を飲んでくださいね』
っとアドバイスもうけ、蔵元さんとお別れ。

後々、お店の人から
『いや~、こんなことめったにないですよ!
あの方はなかなか東京にも出て来ないですから。
有名な酒蔵の方々にも一目置かれている方なんですよ!』
っと教えていただく。
なんて幸運なんだろうか。


最後は悦 凱陣ともうひとつ何か・・・

ああ、飲みすぎるとどうにも最後まで
緊張がもたない駄目なあたし


007

大好きなへしこやら、
くみ上げ豆腐やらを頂きながら、
ぐぐい~っとお酒を流し込む。

結局、最後はいつものだらしない飲みに・・・

しかし、かなり飲んだと思うんだけど
翌日はすっきり!二日酔いなし!
それもこれも、蔵元さんから教わった
『とにかく水を飲みながら!』
を頑なに守ったからだ。
(こちらは一組に2ℓペットボトルが1本置かれる)


それにしても、Y子はめぐり合わせが自分でもいいとは思っていたけど、
今日のお酒との出会い、
蔵元との出会いは、
大げさじゃなく酒人生の中で(笑)
トップ3に入る喜びだ。
こういった縁があるから、やめられない・・・



しばらくは美味い酒と美味いつまみ!

にはまりそうな予感だ。

素敵な出会いに乾杯!(爆)

|

« 一杯飲んでお次へ! | トップページ | 肉食だねっと言われるが@やっちゃん »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

四谷近辺」カテゴリの記事

酒場」カテゴリの記事

コメント

庄内地方に帰省中です。
吹浦は車で40分くらいかなぁ。
岩牡蠣はこれからが旬です。

地元の食材が出てきたのでコメントを(笑)

私も日本酒を飲むときは同量の水を飲みますよ。
帰省中で地酒が美味しすぎて…二升…記憶なし。
もったいない。

しかし、Y子さんのブログは文字も美味しそうですよね。

投稿: しんさん | 2010年6月25日 (金) 17時27分

>>しんさん様
どもです!!
おお!!確かだだ茶豆の時もコメント下さいましたもんね!
いいな~、地酒尽くしなんですね!
羨ましいかぎりで。
この日、4種の岩牡蠣を食べたんですが、
Y子的には吹浦産のものが一番好きでした~♪

投稿: Y子 | 2010年6月27日 (日) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85958/35382119

この記事へのトラックバック一覧です: 素晴しい出会い@酒徒庵:

« 一杯飲んでお次へ! | トップページ | 肉食だねっと言われるが@やっちゃん »